トラック運転手のアレやコレや。

霧の街「釧路」から晴れの国「岡山」へ移住。身寄りのない街でトラックの運転手。 【運転手のアレやコレや】と、【岡山と釧路】の魅力も伝える。

「霧の街」釧路

「霧の街」釧路

f:id:Torajunior:20190412012302j:plain
一年中、霧で覆われている釧路…。詳しくは覆われている日が他の地域に比べると多い。海霧と呼ばれる海からの霧である。生まれも育ちも釧路の私は霧に覆われた生活をしていた。とは言えあまり認識は無く当たり前に感じていた。霧が幻想的に見えた事は一度も無かった。しかし、釧路から離れて生活をし、何年かぶりに帰ってくると他の地域にはない独特な雰囲気が釧路にはあった。
離れて気付いた故郷「釧路」を含めた東北海道の素晴らしい所を、紹介できたらと思い記事を書いていくことにしました。旅行などのきっかけになってもらえたら嬉しいです。

 釧路市〇〇という町名!鳥取県からの移住地だった。

f:id:Torajunior:20190412005020g:plain

 

釧路市の町名に鳥取と名の付く町名があります。今は開拓百年と耳にする北海道、その昔開拓を推し進めるために鳥取県から士族が移住してきたそうです。その記録を残した石像が釧路市鳥取のとある住宅街にあるので写真に収めてきました。
鳥取県士族移住之地 鳥取県知事 石破二朗書 記されています。石破二朗とは皆さんご存知、日本の政治家「石破 茂」の父にあたる人です。

 

格安航空会社(LCC)のピーチ・アビエーションが201881日から釧路⇔関空線就航

f:id:Torajunior:20190412023002j:plain

岡山から釧路に帰省する時は、岡山空港から千歳空港を経由して釧路へ帰っていた。しかし、ピーチが就航して以来関西空港を利用する頻度が上がった。理由はLCCだけあって運賃が格段に安いのと、釧路空港への直行便なので関西空港まで陸路で車を走らせても、乗り換えのストレスが無いので安心感もある。雪のシーズンに北海道に帰るとなると、雪の交通障害が心配になる。釧路空港直行便だと千歳空港から釧路へ向かう手段を悩む必要が無くなるので断然安心である。

観光産業も盛んな東北海道の玄関「釧路空港」

釧路空港前には写真映えするオブジェが出迎えてくれる

f:id:Torajunior:20190412023237j:plain

f:id:Torajunior:20190412023347j:plain

f:id:Torajunior:20190412023413j:plain

f:id:Torajunior:20190412023429j:plain