トラック運転手のアレやコレや。

霧の街「釧路」から晴れの国「岡山」へ移住。身寄りのない街でトラックの運転手。 【運転手のアレやコレや】と、【岡山と釧路】の魅力も伝える。

【特殊車両通行許可】基準を超えるトレーラーが特殊車両になる。基準超えてないですか?

【特殊車両通行許可】基準を超えるトレーラーが特殊車両になる。基準超えてないですか?

f:id:Torajunior:20190303230542p:plain



皆さん、こんにちわ。現役トラックドライバーの TORAJIRO です。

トレーラーに乗って公道を走行していると、抜き打ち検査で道路公団に停められて、特殊車両通行許可証の提示を求められることがあります。

基本的には、運送事業所が許可を取っていれば何も問題はないし、運転手には責任があるかでいうと、個人的には無いように思う。しかし、

抜き打ち検査で急に停められた時の、冷静な応対に繋がればと思い「アレやコレや」書き記します。

特殊車両通行許可証とは?

特殊車両通行許可証とは、一般の公道を走行する際に、公道を走行しても良い車両というのは、国が法で定めている。なので、規定内なら許可は要らないし規定外なら許可を取って下さいということになる。許可の必要性について簡単に説明すると、規定内の車両が走行する道路に、規定外の車両(とんでもなく車両が長い。重量物を輸送している)が走行していると渋滞を招いたり、一般の車両からすると迷惑に感じてしまうことがあると思う。大きな事故を招いてしまった時でも、しっかりと許可を取っていると、状況を把握してもらいやすいといった事もあるようです。それに、昨今ではコンプライアンス(企業が守る法令遵守)の意識が高まっているので、当然ながら許可に詳しい管理者がいると思う。運転手が気にしてもらいたいのは、車検証と同様に特殊車両通行許可証の有効期限も確認しておきたい。期限が切れている許可証を提示しても意味がない。それと、許可を取っている走行ルートを確認するべきである。意外と確認せずに好き勝手なルートを走行してしまう人もいると思うが、許可を取っていない走行ルートで事故を起こしたらせっかく許可を取っているのに意味がなくなってしまう。やも得ず、迂回路など走行する場合は、より注意を払って走行するべきである。

 

私も、過去に何度か抜き打ち検査で停められた経験があります。
書類の提示や、過積載ではないか、車両の長さは基準を超えていないかなど、一度停められると時間掛かるし、急いでいても関係ないので書類等はすぐに提示できるようにしとくのと、口頭でも答えられるようにしておくと、検査もスムーズだと思います。

最後まで読んで頂きありがとうございます。TORAJIROでした。