トラック運転手のアレやコレや。

霧の街「釧路」から晴れの国「岡山」へ移住。身寄りのない街でトラックの運転手。 【運転手のアレやコレや】と、【岡山と釧路】の魅力も伝える。

トラックでの睡眠

f:id:Torajunior:20190216132847j:image

皆さん、こんにちわ。
現役トラックドライバーの TORAJIRO です。

私が勤める会社では、週に一回トラックの中

で寝ることがあります。

その1日の仕事の流れや過ごし方なんかを

記事にしたいと思います。
ちなみに、私の勤める会社は

持ち車(担当の車ではない)
ではありません。

 

1日の仕事の流れ

いつ泊まりの仕事があるかないかは

前の日に分かります。泊りの衣類などの準備は

前の日に準備をしときます。
泊まりのある仕事の時は、配車が決まり次第

前の日に準備します。出勤前にあわてて

準備するときもあります。だいたい

仕事の内容は、地場仕事だったり

8時間労働で終われるような

仕事が配車されます。
例えば、8時から17時までだとすると

17時で一旦仕事が終了となります。
一旦家に帰ったり、会社の休憩スペースで

時間を潰したりします。
泊まりの仕事が、19時出発だとすると

その時間までに、晩飯を済ましたり

風呂に入ったりします。
運送会社には、運行管理上

シャワー室や休憩スペースの
確保がされてます。
19時の時間に出発ができるように

車両の点検、整備、点呼を受けて

出発になります。運行管理上

1日の運行時間は、16時間になります。
なので、朝8時から勤務してるのであれば
24時が終了時間となります。
19時出発となれば、5時間の運行しか
できません。
4時間以上の連続運転ができないので

30分以上の休憩を入れても

4時間弱の運転時間しか取れません。
目的地に、到着できなくても

その日の運行は終了となり

トラックのベッドで就寝となります。

泊まりの持ち物

私の仕事の内容だと、ほとんど出発前に

会社で晩飯やシャワーを済ませているので

ほとんど持ってく物はないんですが

たまに寝袋を持って行きます。なぜなら
軽いのと保温性。寒い時期は重宝します。
布団は会社が準備してくれる一式あるので

それを積み替える形で、準備します。
室内が乾燥するのでマスク

アイドリングの音が気になる場合に耳栓
アウトドア用充電式ランタン(エンジンを

止め、本など読むときに重宝します)
後は、タオルと歯磨きくらいです。

8時間の休息

運行時間終了後から8時間の休息をとります。
運行管理上の休息で、しっかりと取らないと
次の日の運行ができないことになってます。
車の中から、離れることのできない8時間

になります。
駐車できるところが、会社の持ち物

だったり、管理してくれる人がいる場合

は別です。大抵の過ごし方は、6時間以上は

寝たいので、1〜2時間は、本を読んだり、

テレビを見たり好きな事をして就寝します。

まとめ

私の勤めている会社は、こんな感じの

仕事内容です。いくつかの運送会社を

転々としてきましたけど、
運行管理上の、運行時間の管理は

しっかりとしてると思います。今まで

小規模の会社だと、時間の管理が
されていないような会社だったので、

その分窮屈さはないけど、忙しいとき

はほとんど休息時間がとれませんでした。